読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いじめられたって誰も助けてくれないから自分でなんとかするしかない

 しばらくいじめに関するニュースを見ないなと思っていたら、最近になって新聞やテレビなどでちらほらと報道を見られるようになってきた。報道されなかったからと言って、報道されなかった期間にいじめが全くなかったのかと言えば決してそんなはずはないだろう。いじめは世の中にありふれすぎていて、単なるいじめというだけでは報道する価値がないのだ。いじめは良くないとかカッコ悪いとか言うことは僕が生まれる前から言われて続けてきたことだが、その割に一向になくなる様子はない。きっとこれからも、いじめは良くないだの、売春は良くないだのと叫ばれつつも、これらが世の中から撲滅されることは決してないだろう。いじめはあってはならないというのは正論だが、正論だけでは世の中やっていけない。いじめは存在し続けるという厳然たる事実にどう向き合っていくかということが大切である。
 
 なぜいじめがなくならないのかと言うと、人をいじめることは楽しいからである。快感であるからである。僕自身も全く経験がないわけではないが、5,6人で寄ってたかって1人の人間をいじめる時、その5,6人の間にはある種の連帯感が生まれる。連帯感というのは、人間にとってなかなか得難い貴重なものだ。人々は連帯感に飢えていると言っていい。言葉は悪いが、たった1人にいじめの犠牲になってもらうことにより、求めてやまない連帯感を手に入れられるのであれば安いものだ。いじめる側が連帯感を求めていじめを行っているのであれば、いじめというのは単なる手段であり、目的は連帯感を得ることである。そうであれば話は簡単で、いじめではない別の代替手段よって連帯感を得られるように誘導してあげれば良いのである。目的が連帯感なのではなく、別の何かであっても、その何かを分析して、いじめ以外を通してそれらが得られるようにしてあげれば良いのだ。話は簡単なのだが、それを実践するのは難しい。そもそもその役割を担うのは誰なのか。学校であれば先生や親など、周りの良識ある大人達がその役目を買ってでれば良いのだが、世の中では良い大人がいじめをやっていたりするから始末が悪い。
 
 いじめの怖いところは、いつでも自分がいじめられる側になり得るところである。いつ、どんな弾みで自分がいじめられるのか分からない。だから人間はなるべく自分がいじめられることがないように防衛策を取る。下手に正義感を発揮して、いじめを止めさせるなどということは以ての外である。そんなことをしたら自分もいじめの巻き添えを食ってしまうことは火を見るより明らかである。時々いじめを傍観している奴らも加害者であるなどという乱暴な理屈がまかり通ることがあるが、いじめを止めさせるなどというのはかなりの高等テクニックを必要とするのではなかろうか。下手をすればいじめの矛先が止めに入った人間に向くことだってあるのだ。その高等テクニックを授けずに、ただ止めに行けなどというのは無責任である。そもそも傍観者は傍観者であるが故に、目の前で起きていることがいじめなのか、それとも単なる仲間内の悪ふざけなのか判断することが難しい。悪質ないじめであることが明確になったところで、傍観者には、いじめられている人を敢えて助けに行く義理もないし、いじめを止めさせることに対してメリットも何もない。だから傍観者が積極的にいじめを止めに行くことは決してないと言って良い。

 また、テレビの討論番組などを見ていて不思議に思うことは、「自分も昔いじめられていたことがあります」などというタレントや評論家が結構いるのに対して、「自分は昔いじめていたことがあります」という人があまりいないことである。いじめが1対1で行われるというのはあまり聞いたことがなく、加害者の方が圧倒的に多いはずで、いじめていた人達も、もっとたくさん出てきてもおかしくないと思っていたのだが、よくよく考えてみると、「これはいじめだ」という確信を持ちながらいじめを行う人はあまりいないのだと思う。いじめる側は、飽くまでジョークやゲームのつもりでいじめを行っているのであり、そこには罪悪感など生まれるはずもない。「これはいじめだ」と思うのは、飽くまで被害者側の感情でしかないのだろう。
 
 そうなると、不幸にも自分がいじめられる側になってしまった場合、誰か周りの人が救いの手を差し伸べてくれたり、いじめている側が自発的にいじめを辞めてくれることなど期待しない方が良さそうである。自分の身は自分で守るしかない。自分を救えるのは自分しかいないのだ。いじめを理由に自殺するなど以ての外である。手っ取り早いのは、いじめが行われている枠組みから飛び出すことである。いじめられていると行っても、別に世界中を敵に回しているというわけではなく、せいぜい狭いクラスの中だったり、会社の中だったりするわけである。そういうことならば、転校したり転職したりすれば、いじめの構図から抜け出すことが可能である。いじめられている人の中には、「自分のようないじめられ役がいなくなったら、いじめている側の人間が困るのではないか」とか「誰か別の人がいじめられるんじゃないか」とか変な責任感を発揮している人がいるが、そんな義理立ては一切無用である。
 
 なんらかの事情により、学校や会社から抜け出すことができないのであれば、「上手にいじめられる技術」を身につけるのが良いと思う。人間の自分のプライドさえ保てれば、どんなことをされても平気なわけだから、自分のプライドは守りつつ、加害者側に対して、いじめることを通して得られる快感を適度に与えてやれば良いのである。いじめられ方が上手い人、下手な人というのは確かに存在する。上手い人になると、いじめられることそれ自体を職人芸の域まで昇華させている場合がある。いじめに対して世の中がすべきは、いじめをなくすことではなく、いじめられてしまった場合の上手な受け止め方を専門技術として体系化し、それらを世の中に広めていくことではないかと思うのだがどうだろうか。

トランプのゴルフ、オバマのバスケットボール

 安倍首相とトランプ大統領の日米首脳会談が2月10日に予定されているが、2人が会談後に一緒にゴルフをするという計画が持ち上がっているという。しかも会談が行われるワシントンからトランプ大統領自身が所有するゴルフ場のあるフロリダまで、安倍首相もエアフォースワンに同乗させてもらえるのだそうだ。おそらく日米関係の親密さを中国あたりにアピールしたいという両国の意向が合致したのだろうが、トランプ大統領への批判がアメリカ国内のみならず世界中で増えている中で、これは些か危険な賭けではなかろうか。あまりトランプ大統領と仲良くしすぎると、反トランプ派の人々から、「トランプなんかとゴルフなんかして日本の安倍という首相はけしからん」などと言われて、余計な敵が増えやしまいかと心配してしまう。しかし、トランプ大統領からしてみれば、批判の多い時期に共にゴルフをしてくれた安倍首相に恩義を感じるに違いなく、今後政権が安定したものになるのであれば、政権発足後早い段階で会談を行った日本のプレゼンスも増すというものであろう。
 さて、トランプ大統領は相当のゴルフ好きであるらしく、腕前もなかなかのものであるらしい。こちらの記事によれば、「トランプが大統領選に出るよりずっと前に、トランプは自らの所有するゴルフ場を取材する記者を案内し、一緒にゴルフをプレーしたが、その際のトランプが71打でコースを回ったことを書かなかったので怒りの電話が掛かってきた」などということが書かれている。www.newyorker.com また、トランプ大統領はアメリカ国内外に20近くのゴルフコースを持っているとか、スコットランドにゴルフ場を建設する際に近隣の住民と揉め事を起こした挙句、そのゴルフ場の周りに壁を建設し、壁の建設費を住民に請求したとか、ゴルフに関する逸話が尽きない人である。
 安倍首相にとっても、アメリカ大統領とゴルフをするのは総理大臣としての一つの念願であるらしい。これはおそらくお爺さんの岸信介が、当時のアイゼンハワー大統領とゴルフをして大いに親交を深めたことが影響しているものと思われる。実は安倍首相はトランプ大統領の前職のオバマ大統領にもゴルフクラブを送ったりして一緒にゴルフをしましょうという秋波を送っていたらしいのだが、結局それは叶わなかったようである。
 
 オバマ大統領はゴルフよりもバスケットボールが好きだったようで、ホワイトハウスのスタッフなどとバスケットボールに興じていたという話である。かなり本気度の高い試合をしていたらしく、オバマ大統領自身も対戦相手の選手の肘を顔面に食らって怪我をしたりしている。オバマも可哀想だが、運悪く肘打ちを見舞ってしまった対戦相手も気の毒である。
 また、自分の誕生日パーティーにNBAの選手を招待して一緒にバスケットボールの試合をするなど、かなり贅沢なことをやっている。その試合に参加したのは、クリス・ポールレブロン・ジェームズ、デリック・ローズ、カーメロ・アンソニー等の錚々たるメンバーだったらしい。そんな豪華メンバーが一堂に会した試合において、オバマ大統領はウィニングショットを決めたというのだから、大したものだ。
 オバマはここ一番に強いところがあったようで、大統領選のキャンペーン中、どこかの体育館で演説を行った後に、CNNから生放送のインタビューを受けていた際、誰かがオバマにバスケットボールを手渡したことがあったそうだ。周囲の人が、そのボールをどうするのか固唾を呑んで見守っていたところ、オバマはこともなげにボールをゴールに向かってシュートし、見事に決めたという話だから、大統領の地位にまで登りつめる男というのは、やはり何かを持っているのだと言わざるを得ない。

ラッセル・ウェストブルックはシーズン平均トリプル・ダブルを達成できるか

 2016-17シーズンのNBAは、どうせ去年と同じクリーブランド・キャバリアーズとゴールデンステート・ウォリアーズの2チームがファイナルを戦うことになることが分かりきっているし、あまり一生懸命見る気が起こらなかったのだが、シーズンを半分ほど消化したところで、ある2人の選手の記録から目が離せなくなってきている。
 ひとりはジェームズ・ハーデンという、ヒューストン・ロケッツに所属している、長い髭がトレードマークの選手である。ハーデンが挑む記録は、得点とアシストの2部門において、リーグトップになるというものである。もしハーデンが今シーズン、この記録を達成すれば、1972-73シーズンに、ネイト・アーチボルトという選手が達成して以来の快挙となる。
 どんな競技でもそうだと思うが、得点とアシストの両方を量産することがいかに難しいかということは想像に難くない。これを可能にしたのは、今期から新たにロケッツのヘッドコーチに就任した、マイク・ダントーニの奇策である。ダントーニは、リーグでも1,2を争う点取り屋のハーデンを、コート上の司令塔であるポイントガードのポジションに抜擢したのである。定石から考えれば、チームにハーデンのようなスコアラーがいる場合、その選手にはひたすらボールを供給し続けて、そのボールをバスケットに入れること以外は何も考えずに、ひたすら点を取ることだけに集中させてやるべきなのだ。それなのに、ダントーニはハーデンに対してボールを供給する側の役割を与えてしまったのである。
 これにはハーデン自身も大いに戸惑ったと思うが、蓋を開けてみればダントーニ采配は功を奏し、ハーデンはそれまでと同様に高い得点能力を維持しつつ、チームメイトに対するアシストも量産することに成功した。その結果、ヒューストン・ロケッツはセンターのドワイト・ハワードが移籍により抜けてしまったにもかかわらず、カンファレンス3位の高位置につけている。敢えて粗探しをするのであれば、ターンオーバーの数が1試合につき、6近くあることだろうか。ターンオーバーとはオフェンス時にシュートまで持っていくことができずに相手側にボールを与えてしまうミスのことを言うが、ターンオーバーの少なさは優秀なポイントガードの指標になる。クリス・ポール、ステファン・カリー、カイル・ロウリーといって一流のポイントガードターンオーバーを1試合3以下に抑えているところを見ると、ポイントガードとしてのハーデンにはまだまだ改善の余地があるのかもしれない。それでもこれまでのキャリアにおいて得点を取ることにのみ注力していたハーデンが、ポイントガードの役割を引き受け、プレイの幅を広げたことは賞賛に値すると思う。
 さて、二人目の選手は、オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルックである。ウェストブルックの目指す記録は、3つの部門で2ケタの記録を残すトリプル・ダブルをシーズン平均で達成するというものである。こちらについては、オスカー・ロバートソンが1961-62シーズンに記録して以来、実に50年以上達成されていない。今シーズン、82試合を戦うシーズンの半分を経過した時点で、ウェストブルックは得点、リバウンド、アシストの3部門で平均2ケタを記録している。トリプル・ダブルというのは、1度でも達成すればちょっとした騒ぎになるくらいの記録なのだが、ウェストブルックは既に今シーズンだけで20回以上のトリプル・ダブルを達成し、シーズン平均でもそれを維持しているのだから恐ろしい。
 そもそもアシストとリバウンドを稼ぐにはそれぞれ全く異なった才能が必要になる。前述のハーデンと同じく、ウェストブルックもサンダーにおいて司令塔であるポイントガードのポジションを任されているので、アシスト数を稼げるというのはまあ分からなくもない。しかしリバウンドに関しては、ポイントガードが量産するのは至難の業である。リバウントとはリングから外れたシュートを取ることだが、一般的にリバウンドを取るためには身長と体格が必要であるとされている。バスケットボールのリングの周りには、センターやパワーフォワードといった、背が高く、体格ががっしりしているポジションの選手が配置される。NBA級ともなれば、2m10cm以上のセンターなど、ザラにいる世界である。リングの周りでは、そんな巨漢たちがリバウンドを取るために体を張って場所を取り、リングから外れたボールに飛びつくという肉弾戦が繰り広げられる。そんな中にあって、身長わずか193cmのウェストブルックがどうして一試合で10本以上ものリバウンドを取れるのだろうか。
 これを可能にしているのは、ウェストブルックの人並み外れた身体能力である。Youtubeなどでウェストブルックのハイライトを見れば分かるが、まさしく全身バネと言って良い。ウェストブルックがジャンプすると、まるでフロアがトランポリンなのではないかと疑うほど高く、そして最高到達点まで達するスピードが速い。ウェストブルックは身長を補ってなお余りある瞬発力をフル活用してリバウンドを量産しているのだ。
 もっとも、ウェストブルックがシーズン平均トリプル・ダブルという記録を狙えるようになったのは、チーム事情が背景にあることも理解しておかねばならない。オクラホマシティ・サンダーは、昨シーズンまでラッセル・ウェストブルックとケビン・デュラントの2枚看板のチームであったが、オフシーズンにデュラントがゴールデンステート・ウォリアーズに移籍してしまったのである。そのため、ウェストブルックはチームにおいて一人で何から何までやらなければならない環境になってしまったのである。今のところ、ウェストブルックもそうしたプレッシャーにめげるどころか、自分一人にスポットライトが当たる状況を逆に楽しんでいるようにも見える。
 さらに言えば、かつてオクラホマシティ・サンダーには、ウェストブルックとデュラントの他に、冒頭に出てきたハーデンも一緒にプレイしていたのだから、当時のサンダーというチームがいかに可能性を秘めていたかということを考えないわけにはいかない。

トランプ大統領の誕生に思うこと

 アメリカの第45代目の大統領にドナルド・トランプ氏が就任した。果たして1年前にこの人が本当にアメリカの大統領になると信じていた人がどれほどいただろうか。もしかしたら一番驚いているのはトランプ氏本人なのかもしれないと思ってしまったりもする。大統領選のキャンペーンの時から、ドナルド・トランプという男が、アメリカという国で徐々に頭角を現してきたことについて考えさせられることが多くあった。断片的ではあるが、以下に自分の考えをまとめておきたい。
 
 ・よくテレビなんかで、「政治家は建前ではなく、もっと本音で語ってほしい」という言葉を耳にする。「本音で語る政治家」というものが具現化したのがまさにドナルド・トランプ大統領なのではないか。よくよく考えてみると、人間の本音などというものはワガママで、甘ったれで、攻撃的で、僻みっぽいだけのものだ。そんなものは居酒屋に行けばいくらでも聞ける話で、少なくとも政治家の発言に求めることではなかろう。
 
 ・トランプ氏は、選挙戦の時から「アメリカをもう一度すげえ国にする(make America great again)」というフレーズを多用し、商標登録までしてしまったらしい。ここで注目すべきは「again」という単語である。「again」というからには、アメリカは今はすげえ国ではないということなのだろう。それではアメリカが「great」だった時は一体いつのことなのか。僕の知る限り、トランプ氏は、彼自身の言うアメリカがすげえ国だった時がいつなのかということについて、あまり語っていないように思える。アメリカが「great」だったのはいつなのかということについて、トランプ大統領から詳しい説明があれば、彼がアメリカをどのような国家にしたいのか具体的なイメージが持てるのではないかと思うが、おそらくトランプ氏は、選挙期間中に敢えてそこには触れなかったのではないか。彼は、ある程度年を取ればみんながぼんやりと抱く「昔は良かった」というノスタルジーに対して訴えかけたのだろう。選挙の結果を見れば、それは功を奏したと言えるが、今後、トランプ大統領がこの具体性に乏しいスローガンをどのように実行していくかが見ものである。
 
 ・トランプ氏は大統領選に勝ったのにもかかわらず、当事者のアメリカ人でさえ、彼のことを悪く言う人の方が圧倒的に多い気がする。インターネット上で自分の考えを発信したり、海外に出ていって仕事や勉強をしているような、いわゆる開明派の人達は、半トランプ派ということなのだろう。一口にアメリカと言っても、それはとても広大で、特に中部の方には、メキシコ人やムスリムが入ってくることを嫌う保守的な人々が、僕達の想像が及ばないほど大勢いるのだろう。
 
 ・大統領選の結果について、ロシアの関与があったことが取り沙汰されている。トランプ氏本人に言わせると、「ロシアと自分の関係が良いのであれば、そんなに素晴らしいことはない」などということを言っているが、プーチン大統領からすれば、ロシアにとって厄介な人間を敢えてアメリカ大統領に据えるようなことはしないだろう。ロシアにとって都合がよく、与し易い男を、敵国のリーダーにしたかっただけなのではないか。だとすれば、それはトランプ氏にとってもそれほど誇らしいことではない。

やる気あんのか北朝鮮

 こういう話をするのは不謹慎、不適切の極みであることは重々承知しているつもりだが、ふと思い付いてしまったので書かせていただく。今、この時をおいて、北朝鮮の偉大なる領導者たる金正恩委員長が南北朝鮮統一のために韓国に攻め入る機会はまたとないのではないかと思うのだ。韓国の朴槿恵大統領は国内で生じた色々な疑惑のために弾劾されてしまったため、実質的に韓国の行政は機能していない状態である。同盟国とされているアメリカも1月20日にトランプ大統領が就任するまでの間は、実質的に指導者不在の状態である。日本についても、慰安婦像の問題で日韓関係がこれ以上ないほど悪化している。あとはうるさいことを言いそうなのは中国くらいのものだが、韓中関係もミサイル配備の問題でギクシャクしている。つまり、韓国に何かの問題が生じたとしても、積極的に手を差し伸べる国はあまりない。そればかりか、国内が機能していないため、周辺国に助けを求めることさえできない状態なのである。今後100年待ったとしても、これほどの機会が訪れることはないのではないかと思うのだが、最近の北朝鮮の動向を見てみると、金正恩の1st写真集がネットにアップされたなどということが書いてあるばかりで、拍子抜けも良いところである。これはきっと北朝鮮は全くやる気がないのか、または近い内に起こす電撃作戦をカモフラージュするために我々を油断させているかのどちらかであろう。

餅が冷めたら一巻の終わり

 年末に実家に帰省すると、家族みんなで餅をつくのが、ここ何年かの我が家の恒例になっている。いくつかの自治体では、食中毒等への懸念から、餅つき大会が中止になったりしているらしいが、うちではそんなことはお構いなしに餅をつく。この平成のご時世、どんなに田舎だって餅は機械でついているというのに、うちは昔ながらの杵と臼で餅をついているのだから、天然記念物ものである。あと何年かしたら世界遺産候補くらいにはなるんじゃないかと思う。
 事の始まりは、数年前、うちの親父が家の蔵を整理していた際に、奥の方から、古びた木製の杵と臼を見つけ出してしまったことがきっかけである。聞けばうちの婆さんが嫁入りしてくる際に、数十キロ離れた実家から転がして持ってきた臼だというから恐れ入る。せっかく見つけたのも何かの縁だということで、ホコリだらけになった杵と臼を親父が綺麗に掃除してみると、どうにかこうにか使えそうになったので、正月の餅はこれでつくことになったとのことである。そのように決めたまでは良いのだが、餅つきというのは相当な重労働で、親父一人で餅をつくのは無理だということが分かったらしく、次の年からは僕が餅つき担当を命じられたというか押し付けられた次第である。
 せっかくの年末休みに何が悲しくて田舎の寒村で餅つきなんぞやらなきゃいかんのかと不貞腐れていたのだが、一度杵と臼でついた餅を食べてみると、市販の餅などはもう食べられなくなるほど美味い。ボリュームと弾力が段違いなのである。重さにして10キロは下らない杵を何べんも振り下ろすのは大変な作業ではあるが、これほど美味い餅が食えるのなら、と餅に釣られるように実家に帰っては杵を振るうことで年納めをしている今日このごろである。
 餅つき歴わずか4,5年の若輩者ではあるが、どんなことにもコツや要諦があるように、餅つきにも必ず抑えなければならないツボが存在する。古き良き日本文化の継承のため、そのいくつかをここで紹介したいと思う。
 まず、一般的に餅つきの光景として思い浮かべるのは、杵で餅をぺったんぺったんついている様子ではないかと思うが、あの光景は飽くまで餅つきの後半戦でしかない。蒸しあがった餅米を臼の中にあけた後、いきなり杵でつきはじめても、決して餅にはならないだろう。餅を杵でつくにあたっては、初めに杵を使って餅米を潰す作業が必要である。この際、自分の全体重を杵にかけて、手早く餅米をすり潰していくことが必要である。また、餅米が満遍なく、均等に潰れるように、杵を支点として臼の周りを回るようにして米をすり潰していく必要がある。テレビなどでこの絵が放映されることがないのは、おそらく非常に地味な絵であるからではないかと推測される。
 また、餅つきにあたり、特に重要な事は、決してつき終わるまで餅を冷まさないことである。むしろ餅が冷めた時が餅つきが終わる時だと言っても過言ではない。例えまだ餅米の粒が残っていて、餅状になっていなくても、一度冷めてしまったものはどんなについても餅になることはない。餅の見栄えを美しく、味を美味しくするためには、餅が冷めるまでにどれほど多く杵を使って餅をつけたかということになる。そのためには、餅米を入れる前に、お湯を注いで臼を温めたり、餅をつく合間の返しを手際よく行うなど、極力餅を冷まさないような配慮が必要不可欠である。
 もし、今年の年末は杵と臼を使って餅つきをするなどという奇特な人がいた場合には上記をご参考の上、楽しい餅つきになるようお祈りしている。

歩きながら考える

 朝の公園で首にタオルをかけて体操なんかをしちゃってる人を見ると、「うわあ、おっさんだなあ」と思っていたものだが、気づけば自分がまさにそういう人になっているのだから嫌になる。それでも起床後に近所の公園まで出かけて、少し身体を動かす時間は僕にとって貴重なものである。スマホも持たず、音楽も聞かず、鳥の鳴き声や、時折走ってくる車やバイクの走る音に耳を傾けながら、片道5分ほどの距離を歩き、公園の隅っこでストレッチをして、強張った身体を伸ばす。これだけのことなのだが、これを行うと身体だけでなく、散らかった頭の中が整理されたような気になるから不思議である。そうして一旦クリアになった頭のなかで、今日一日の予定などを組み立てながら帰る。時間にして15分足らずのものだが、これをやるのとやらないのとでは一日の質が違うような気がする。今度からは、この朝の散歩だけでなく、会社で残業をする前の時間にも10分ほどの散歩を取り入れてみようかと思っている。