いじめられたって誰も助けてくれないから自分でなんとかするしかない

しばらくいじめに関するニュースを見ないなと思っていたら、最近になって新聞やテレビなどでちらほらと報道を見られるようになってきた。報道されなかったからと言って、報道されなかった期間にいじめが全くなかったのかと言えば決してそんなはずはないだろ…

トランプのゴルフ、オバマのバスケットボール

安倍首相とトランプ大統領の日米首脳会談が2月10日に予定されているが、2人が会談後に一緒にゴルフをするという計画が持ち上がっているという。しかも会談が行われるワシントンからトランプ大統領自身が所有するゴルフ場のあるフロリダまで、安倍首相もエア…

ラッセル・ウェストブルックはシーズン平均トリプル・ダブルを達成できるか

2016-17シーズンのNBAは、どうせ去年と同じクリーブランド・キャバリアーズとゴールデンステート・ウォリアーズの2チームがファイナルを戦うことになることが分かりきっているし、あまり一生懸命見る気が起こらなかったのだが、シーズンを半分ほど消化したと…

トランプ大統領の誕生に思うこと

アメリカの第45代目の大統領にドナルド・トランプ氏が就任した。果たして1年前にこの人が本当にアメリカの大統領になると信じていた人がどれほどいただろうか。もしかしたら一番驚いているのはトランプ氏本人なのかもしれないと思ってしまったりもする。大統…

やる気あんのか北朝鮮

こういう話をするのは不謹慎、不適切の極みであることは重々承知しているつもりだが、ふと思い付いてしまったので書かせていただく。今、この時をおいて、北朝鮮の偉大なる領導者たる金正恩委員長が南北朝鮮統一のために韓国に攻め入る機会はまたとないので…

餅が冷めたら一巻の終わり

年末に実家に帰省すると、家族みんなで餅をつくのが、ここ何年かの我が家の恒例になっている。いくつかの自治体では、食中毒等への懸念から、餅つき大会が中止になったりしているらしいが、うちではそんなことはお構いなしに餅をつく。この平成のご時世、ど…

歩きながら考える

朝の公園で首にタオルをかけて体操なんかをしちゃってる人を見ると、「うわあ、おっさんだなあ」と思っていたものだが、気づけば自分がまさにそういう人になっているのだから嫌になる。それでも起床後に近所の公園まで出かけて、少し身体を動かす時間は僕に…

都心のボロ家をなんとか俺のものにしたい

月々に十数万円の家賃を支払うくらいならば、家を買ってしまった方が得なのではないかということを考え、都内近郊のマンションや一戸建てを物色している。初めのうちは、住まいなど適当に決めてしまえばいいと気楽に構えていたが、見ているうちに段々と欲が…

アンダーソン・バレジャオの苦労がようやく報われた・・・と言えるのか

NBAの2015−2016シーズンのファイナルは、下馬評通りゴールデンステート・ウォリアーズとクリーブランド・キャバリアーズが戦うことになった。両チームは昨年のファイナルでも対戦しているが、軍配はウォリアーズに上がっている。果たして今年はキャバリアー…

胸には野望とポケットを

もしかしたら自分は記憶力が悪いんじゃないかということに三十余年生きてきてようやく気が付いた。人から頼まれたことを忘れるくらいのことは「ごめんなさい」の一言で済む話だが、何かの拍子にぱっと面白いことなどが思い浮かび、後になってそれを思い出そ…

IntrovertとExtrovert

英語の勉強も兼ねて、英文で書かれたブログやネット記事を読むことにしている。ネット上の記事をオフラインでも読む事ができる「Pocket」というア プリが最近アップデートされ、おすすめの記事をどんどん紹介してくれるので、おすすめされるがままに記事を乱…

スタバがキューバに建つ前に

2015年7月にアメリカと国交を回復して以来、キューバを訪れる観光客の数が飛躍的に増えたという話を聞く。僕個人としてもキューバは死ぬまでに一度は行ってみたい国である。コロニアル調の建物や鮮やかな彩りの町並みをクラシックカーが騒音と共に走り抜ける…

ここには象はやってこない

野生の象が突如インドにある街にやってきて、大混乱になったというテレビのニュース映像を見た。森から街に迷い込んできて、ものの数時間で100棟もの建物を破壊したというのだから、今更ながら象の持つ力には驚かされる。下手な業者よりよっぽど良い仕事をす…

ゴールデンステート・ウォリアーズには優勝を捨ててでも73勝を目指して欲しい

NBAでは、昨シーズンの覇者であるゴールデンステート・ウォリアーズ の勢いが止まらない。NBAではレギュラーシーズンにおいて、1チームは82試合を戦うわけだが、今シーズンのウォリアーズは開幕24連勝という前代未聞 のロケットスタートを経て、2月1日の時点…

学校で教わることはアテにならない

2016年に入ってからというもの世界的な株安になってしまい、僕自身 も投資家の端くれとして、この事態を憂慮している次第である。北朝鮮の水爆実験で東アジアが緊張状態になっていること、中国の景気減速など複数の要因があ ると言われているが、その中でも…

日本男児が抱えるジャニーズコンプレックスについて

SMAPが解散しようが何をしようが僕の生活には1ミリも影響しないのだが、テレビをつけてもネット記事を見てもSMAP解散の話題で喧しいことこの上ない。それらを見ていて思うのは、ジャニーズという組織はつくづく凄いところだなあということである。 日本人の…

成人式を日本の観光資源に

今日は全国各地で成人式が催されたようだが、成人式に出てきて暴れる奴らがまだいるという事実に驚きを禁じえない。ちょうど僕らの世代が成人式を迎えるあ たりから、派手な格好をして式を妨害する輩が出てくるようになったと記憶している。これはおそらく日…

勇気を出さなきゃできないことなんて初めからしなければいい

「今年こそバンジージャンプをやってみたい」と毎年のように思っているが、結局やらずに一年を終えてしまう。おそらく自分の中では「やろうと思えばいつでもできる」と思っているのがいけないのだと思う。あるいは自分で思っているほどバンジージャンプをや…

生きている実感が欲しければハノイで道を渡れ

初めての海外旅行にどこに行こうか迷っている人がいたら、僕は迷わずベトナムのハノイをお勧めする。ハノイは安全で物価が安い上に食べ物が美味しいときている。観光スポットもそれほど多くないので、やろうと思えば週末を使って主な観光先を巡ることも不可…

水木しげるの文章に救われた夏

思いがけず水木しげる氏の訃報に接し、軽い衝撃を受けた。いくら我が国が誇る妖怪の権威とは言え、水木しげる氏本人が妖怪であるわけでもなく、生ある者は 必ず死ありというのが世の習いである。そんな事は頭では分かっているのだが、自分の中のどこかで、水…

電子書籍は僕を浮気者にする

世の中の読書家と呼ばれる人達には遠く及ばないが、本を読むのは好きな方であると自負している。そして困ったことに本を買うことは本を読むこと以上に好 きである。本を買う時は「これを読みたい」と思って買うのだが、ひとたび買ってしまうと「買った」とい…

オリンピックに関するごくありきたりでつまらない感想

東京五輪のロゴがベルギーの劇場のロゴと酷似しているのではないかということから始まり、五輪のロゴを製作した佐野研二郎氏の製作物の多くがパクリではないかという疑惑が世間を賑わしている。よくもまあ次から次へと疑惑が出てくるものだと感心する。パク…

タイムマシンとしての甲子園

時間を持て余していた学生の頃は、海だプールだ夏祭りだ花火大会だと色々なイベントを満喫していたものだが、社会人になってしまうと夏というのはただの暑くてうんざりする日の連続でしかない。そんな中で夏の甲子園こと全国高等学校野球選手権大会をテレビ…

自分が臭い時に臭いと言ってくれる友人はある意味貴重

身体や髪を洗うときに石鹸やシャンプーは使わない方が良いという説をどこかで聞きかじったため、ろくに科学的根拠も確かめずにそれを実践している。話によると、新陳代謝が特に活発な成長期を過ぎてしまえば、身体の汚れを落とすくらいであればお湯を使えば…

豆腐歳時記

小学生の頃、夏休みで家にいる時などは、よく近所の豆腐屋までお使いに行かされていた。母親に持たされたタッパーを持って豆腐屋さんに行くと、僕の家の浴槽より一回りも二回りも大きなステンレス製の水槽に、蛇口から絶えず水が注ぎ込まれていた。 水槽の中…

How-Old.netなんか使わなくてもてめえの歳くらいてめえで分かれよ

Microsoftが公開したHow-Old.netというサービスが人気を博しているらしい。顔写真を投稿すると、その人の性別と年齢をプログラムが推定してくれるというものなのだが、たかがそれだけのサービスに何十万枚という写真が投稿されているというのだから、人の世…

世界中全ての国を旅する必要なんてない

ゴールデンウィークよりも少し早目に休みを取って、イギリスは北アイルランドとスコットランド、イタリアは南はナポリから北はミラノまで行ってきた。旅行をしていた期間は機内泊も含めて10日間だが、多くの場所を訪れることができて良かったと思うと同時に…

お嬢様聖水という商品名には興味をそそられるがあまり飲んでみたいとは思わない

別に誰に誓ったわけでも、誰かに命令されたわけでもないが、いつの間にか毎週末にブログを更新するのが通例になっている。先週末はブログの更新をしなかったのだが、習慣というのは恐ろしいもので、記事を書かなかったことについて一抹の後ろめたさを感じざ…

「グレッグ・ポポビッチに学ぶ最強のチームづくり」という本があったら是非読んでみたい

2週連続でスポーツについて書こうと思う。これまではプロ野球、特に広島カープに関する記事を多く書いてきたが、今回は野球ネタではない。先日、新聞を読んでいた時に、プロ野球のセ・リーグの順位表に目をやると、僕がシーズン開始前に予想していた順位とま…

広島カープが勝てないのは俺のせいなのかもしれない

思っていたより広島カープが勝てない。4月4日時点で8試合を消化したところであるが、2勝6敗とリーグ最下位に甘んじている。チームは目下5連敗中であり、スタートダッシュには完全に失敗した格好である。昨日の試合では頼みの黒田投手が先発したが、彼をもっ…

マッサンの最終回を見た後にカミさんに先立たれることを想像してしまうと夜も眠れない

こんなことで涙するなんて自分もヤキが回ったもんだと嫌になったが、NHKの朝の連続テレビ小説マッサンの最終回には大いに泣かされてしまった。若い頃はどんなに感動的なものであってもテレビドラマを見たくらいのことで泣くことはなかったが、歳を取ると自分…

ある弱小投資家の独言

アベノミクスについて賛否両論あることは承知しているが、少なくとも株価が上がっているということは否定しようのない事実である。株が上がっても買っているのは外国の投資家だから日本人は潤わないんだなどという話も聞くが、それならば日本人も投資家にな…

今更iPhone5sを購入し、iPhone4sを売った話

僕は俗に言う林檎信者というやつではないと自分では思っているのだが、携帯電話はiPhone、タブレット端末はiPadと、蓋をあけてみれば林檎信者と言われても仕方がないほどアップル社の製品を愛用している。かと言って別にスティーブ・ジョブスという一人の天…

中途半端に歳を取るとおちおちゲームも楽しめない

花粉症が酷くて天気が良ければ良いほど外出するのが億劫になってしまう。僕は普段から出不精な方なのだが、今の時期はますます家の中にいる時間が長くなる。家の中にいても退屈なので、何か家の中で楽しめるものを探しているのだが、どうもこれだというもの…

黒田投手は今年何イニング投げるのか

少し前に自分のブログに書いた記事で、「広島東洋カープのにわかファンに俺はなる!」と宣言して以来、これまで一度たりともカープについて言及していないという現状は、「これだからにわかファンは熱しやすく冷めやすくていけない」という謗りを免れ得まい…

鴉との闘い~ワレゴミステニセイコウセリ~

僕が住んでいるマンションの裏手には、そこそこ大きな山があるのだが、どうやらそこにはかなりの数のカラスが生息しているらしい。週末の夕暮れ時などに山の近くまで出かけて行くと、夥しい数のカラスが電線という電線、枝という枝に止まり、ぎゃーあぎゃー…

そしてまたおくすり手帳が増える

今まで一度も書いていないが、僕が医者嫌いであることは全世界で知らない人がいないくらい周知の事実である。いつから嫌いかと言うと、それはもう産まれた時から嫌いである。僕が生まれたのは、敵国というべき病院の中であったのだが、親に言わせればその時…

メダンに行ったら牛肉を食らうべき・・・なのか?

前回の記事ではインドネシアのジャカルタについて書いたが、ついでに2014年の夏に訪れたメダンという都市についても書いておこうと思う。メダンはインドネシアで四番目に大きな都市であるらしい。上位三都市がジャワ島にあるのに対して、メダンはスマトラ島…

ジャカルタに行ったらヤギを食らうべし

インドネシアの首都であるジャカルタには仕事で何度も訪れているが、経済成長著しく、行く度に景色が変わるので全く飽きさせない。車の窓から外の様子を眺めていると、前回来た時には何もなかったところにどでかいショッピングモールや新しいホテルが建って…

あるペーパードライバーが免許を更新するまでの顛末

何事につけ、僕自身が素晴らしいセンスを持っていると感じるものはあまりないが、殊に車の運転については絶望的にセンスがないと思う。運転免許の取得にあたって、大学一年生の夏休みに、数人の友人とともに免許合宿に参加したのだが、エンストはするわ、ヘ…

「ISILと闘う周辺各国」という表現は意図的に使われたのか

本日2015年2月1日の朝、かねてからISILに拘束されていたジャーナリストの後藤健二さんが同組織に殺害されたと見られる映像がインターネットにアップされた。後藤さんやそのご家族に哀悼の念を捧げるとともに、彼を殺害したISILには怒りの念を禁じえない。そ…

期限ギリギリでパスポートを使い切るまでの経緯について

2005年に作ったパスポートが今年の10月で期限切れになる。思い起こせば、このパスポートを作ったのは僕が24歳の時で、日本で知り合ったインド人の友達に、是非インドに来いと言われたのがきっかけだったと記憶している。有楽町のパスポートセンターで新しく…

無理矢理に輝かせられる女性たち

最近「女性が輝く」というキーワードを頻繁に耳にする。どうもアベノミクスの成長戦略において、「すべての女性が輝く社会づくり」というのを柱のひとつに据えているらしい。「なるほど、安倍総理は身体に金箔や蛍光塗料を塗った女性が好きな変わった性癖の…

2015年はにわか広島東洋カープファンになろうと思う

2014年12月27日、ニューヨーク・ヤンキースの黒田博樹投手が、古巣の広島東洋カープに復帰することが決定した。僕個人としては、これがこの年末年始における一番のビッグニュースであると考えている。 報道されるところによれば、今季FAとなった黒田投手には…

寒くて壊れやすい家に住み続ける哲学

年末年始の休みは東京にある実家や田舎の家に行っていたが、家の中にいると、どうも背筋や首筋に寒気を感じることが多かった。これは悪霊にでも憑りつかれでもしたかと思ったが、ただ単に体感的に寒いのだということに気付いた。実家や田舎の家は純然たる木…

散歩と発見

特に行き先も定めず、足の向くままに散歩をするのが好きである。昔は自転車に乗ってふらふらすることが多かったのだが、最近は自転車の交通ルールが厳格化されたことから、靴底を減らして歩くことにしている。人の多い所は嫌いなので、もっぱら人通りの少な…

浮気をするかしないかなんてその時になってみないと分からんよ

年末は忘年会などで方々で酒を飲む機会が多くなる。先日も職場の仲間で集まって飲んでいたのだが、酒が入ると箍が緩むのか、普段の職場では決して出ないような際どい内容の話題が飛び交う。 なぜだか知らないが、僕の職場では、飲み会になるとよく浮気の話に…

高校三年生が諸行無常について学んだ時の話

高校時代、僕にはずっと好きな女の子がいた。彼女とは一年生の時に同じクラスだったのだが、一体どんなきっかけで彼女のことを好きになったのか全く覚えていない。気が付いたら好きになっていたというのが正直なところである。単に見た目が可愛いというだけ…

新しい傘の形を考える

このところよく雨が降る。この季節は空気が乾燥しがちなので、お湿りがあるのは良いことだと好意的に受け取るようにはしているが、天気予報では雨は降らないと言っていたのに、不意打ちのごとく雨が降ってくるのだけはどうにかなるまいか。僕はあまり準備の…

歳を取った僕等は何をして遊ぶのだろう

歳を取って仕事を辞めた後、どんな風にして過ごすか妄想することが仕事に追われる自分の束の間の楽しみになっている。現実逃避の一環に他ならないのではあるが、仕事をする必要も、仕事のことで思い悩む必要のない日々というのは、今の自分にとってはとても…