ストレスダイエット

 誰に言われたわけでもないが、自分のベスト体重は72キロから73キロだと思っている。別に科学的根拠や医学的根拠があるわけではないが、このくらいの体重が自分としては過ごしやすいのだ。
 僕が痩せる時はまず顔から痩せていくらしく、体重が71キロ台になると、顔がげっそりとやつれているように見えて、不健康な印象を与えるらしい。他方で太る時には腹から太る傾向にあり、74キロ台も後半になるとズボンがきつくなるし、歩いていても身体が重たくなったのが分かる。そういう理由もあって、僕はなるべく自分の体重を72キロから73キロの間にキープするように心がけている。
 ところが、年末年始にかけての暴飲暴食や運動不足という不摂生が祟ったせいか、先ほど体重計に乗ってみると、「77.4」という数字が。「惜しい!もう少しでスリーセブンだったのに!」なんてことはこれっぽちも思わない。どうも最近身体が重いと思っていたが、まさかベスト体重を4~5キロもオーバーしていたという事実に愕然とするばかりである。
 早いところ減量しないと取り返しのつかないことになってしまう。もう取り返しのつかないことになってるだろというツッコミも聞こえてきそうだが、ここは「今気が付いて良かった」とポジティブに考えるしかない。これまでもベスト体重を何キロか上回ったことはあったが、その度に体重を戻している。自分なりの減量法は心得ているつもりである。
 まずは運動である。無理は避けて週1~2回のジョギングや水泳などの有酸素運動を取り入れることにする。さらに酒や甘い飲み物の摂取を避け粗食に徹するというものである。消費カロリーよりも摂取カロリーを抑えれば勝手に体重は落ちていく(理論は至極単純なのだが、実践を伴わせるのが至難の業である)。
 僕の場合、運動と食事制限以上に減量に有効なのが仕事のストレスである。正月も明けて仕事に復帰すれば否応なくストレスが溜まり、そのうち体重も落ちていくだろうと幾分楽観視している。