読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やる気あんのか北朝鮮

 こういう話をするのは不謹慎、不適切の極みであることは重々承知しているつもりだが、ふと思い付いてしまったので書かせていただく。今、この時をおいて、北朝鮮の偉大なる領導者たる金正恩委員長が南北朝鮮統一のために韓国に攻め入る機会はまたとないのではないかと思うのだ。韓国の朴槿恵大統領は国内で生じた色々な疑惑のために弾劾されてしまったため、実質的に韓国の行政は機能していない状態である。同盟国とされているアメリカも1月20日にトランプ大統領が就任するまでの間は、実質的に指導者不在の状態である。日本についても、慰安婦像の問題で日韓関係がこれ以上ないほど悪化している。あとはうるさいことを言いそうなのは中国くらいのものだが、韓中関係もミサイル配備の問題でギクシャクしている。つまり、韓国に何かの問題が生じたとしても、積極的に手を差し伸べる国はあまりない。そればかりか、国内が機能していないため、周辺国に助けを求めることさえできない状態なのである。今後100年待ったとしても、これほどの機会が訪れることはないのではないかと思うのだが、最近の北朝鮮の動向を見てみると、金正恩の1st写真集がネットにアップされたなどということが書いてあるばかりで、拍子抜けも良いところである。これはきっと北朝鮮は全くやる気がないのか、または近い内に起こす電撃作戦をカモフラージュするために我々を油断させているかのどちらかであろう。